応援・サポートのお願い

並木座は劇場都市道頓堀の再生のために2019年3月30日に生まれました。

本来ミュージアムや劇場は収益を得にくく、1階に作るべきで無いのですが
まちに影響を与えるため、またさまざまな方にバリアフリーで入って頂くために
1階につくりました。

色んな想いを込めてつくりましたが、予想以上に苦戦しています。
自社でなく社会の利益のためにつくったのですが赤字が続くと存続できません。
応援を頂ければ幸いです。
                  道頓堀ミュージアム並木座
                  運営 山根エンタープライズ(株) 06-6538-4880
                  メール namikiza@yamane-e.com
 

1,PR・・・道頓堀ミュージアム並木座のこと、並木座でのイベントなど、日本中に広めてください!!!
      メールやラインの登録をお願いします。(無料)最新情報をお届けします。
     Facebook 「いいね」頂き、イベント情報をシェアしてください
     Twitter フォロー登録のうえ、イベント情報をリツイート願います。
     LINE並木座社中(ファンクラブ) ご登録頂くとイベント情報が届きます。
     メルマガ並木座社中(ファンクラブ) LINEが使いづらい方はこちら。メールアドレスをご登録頂くとイベント情報が届きます。

2,広告・・・正面提灯舞台側広告11万円(税込)/年 制作費別 (9灯あり 残6灯)
       その他の広告 マップや並木座ビジョンなどでも広告は有り得ますが
         ルールが未整備ですのでご提案、ご相談ください。

3,演者・イベント サポート(公演スポンサー)
      演者さんなど主催者が並木座にかかるコストをサポート頂きます!
      貸館料相当額等を、広告費として支出頂き、原則として公演の際に口頭で告知させて頂きます。 
        詳細はコチラ(計画中)
 

4,ご寄付・・・受け付けます。但し税金の減免措置は受けられません。
      事業者の方は2の広告や3の演者・イベント サポートなら経費で落とす事ができます。

5,道頓堀関連資料の寄贈・預託
  寄贈について
  保管スペースの都合上、原則遠慮しています。どうしてもという資料については物によって受ける場合があります。
  但し、民間企業によるミュージアムであり、赤字が続くと閉館となる可能性があります。
  その場合、ご寄贈頂いた資料等については、公的博物館等へ寄贈させて頂くことになります。
  預託について
  これもスペースの都合で原則遠慮しています。期間限定の展示とする場合、やむを得ぬ事情がある場合は、
  検討します。