ミュージアム並木座
<体験型 劇場街歴史ミュージアム>

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

平成31年(2019年)3月30日(土) 開幕します!

 

「道頓堀ミュージアム並木座」は国内外からのお客さまに
歌舞伎や文楽を育んだ、"劇場都市・道頓堀"の 400年の歴史を伝えるミュージアムです。
中でも世界に広まった回り舞台やセリを歌舞伎芝居のために考案・活用した
並木正三にスポットを当てて、記憶にのこる体験を提供することを目指しています。
 

江戸時代にタイムスリップ!?

1,江戸時代の芝居小屋のような内観
2,回り舞台に乗って登場!記念撮影ができます。
3,道頓堀が育んだ歌舞伎や文楽の歴史を学べます。
4,劇場都市・道頓堀の歴史を学べます。
5,現在も劇場都市・道頓堀を感じられるスポットをご案内します!(無料マップ)

入場料 大人600円
     子供300円

外観

 

所在地:大阪市中央区道頓堀1-1-6  Y’sピア道頓堀並木座ビル1階

浪花五座照合所在地マップ
中央の赤色が並木座。 黄色い建物は現在の大劇場。 茶色字は地下駅(メトロ、近鉄)


2019/1/25日経新聞(大阪版)夕刊1面で紹介されました。
2019/2/9毎日新聞(大阪版)夕刊1面で紹介されました。


お問合せ山根エンタープライズ株式会社
メール office@yamane-e.com
tel 06-6538-4880 fax 06-6538-4889



(omp。大阪の元からある魅力を活かすまちづくり運動)
本プロジェクトは大阪まちプロデュース(omp)の活動の一環です。

omp山根秀宣は、
谷町六丁目の空堀商店街界隈長屋再生プロジェクト(からほり倶楽部)の創業メンバー
(現ファウンダー4名のうちの1人)(弊社は長屋再生複合ショップkarahori惣soの家主です)
直木三十五記念館の運営委員(この経験を活かしています)
大阪川床「北浜テラス」を展開する北浜水辺協議会の創業メンバー(元事務局長)で現理事
で、その他、大阪、関西、日本に多くの提言をしてきました。

まち歩きのOSAKA旅めがね創業メンバーでもあり、道頓堀劇場街を案内する「文楽ツアー」も催行し
テレビ(2016年大阪ほんわかテレビ、2014年KANSAIショセツ部)でも日本のブロードウェイである道頓堀を紹介してきました。
そんな中、2017年通りと川に面した本物件を取得し、1年間検討した計画が本プロジェクトです。

このミュージアムは、劇場都市・道頓堀の歴史再生のまちづくりをめざしています。
エンタメ性のある質の高いミュージアムが、インバウンドを背景として事業として成立し
同様のアトラクション施設が まちに増えてくれば
道頓堀全体が、歴史的な特徴であるエンタメ街に近づけるのではないか と期待する社会実験なのです。

道頓堀はブロードウェイ!?
(世界的演劇街-道頓堀)
on omp since2002



おまちしております。

 

現在、ミュージアム作りにご協力頂ける方を募集しています。

1,著作権や展示権をクリアした展示できる資料
・外国人も興味有るものならより歓迎
・入館者が触れるものならより歓迎
・あまり高価すぎる物は保管に自信がありません。
・夜は演芸場使用も考えています。展示や撤去が大変なものは
 展示できません。(ご相談ください)

2,ミュージアムに団体客を送り込んで頂ける方。
料金についてご相談に応じます。

3,館内でボランティアガイドをしたい方。(仮募集)
 

お問合せ山根エンタープライズ株式会社
メール office@yamane-e.com
tel. 06-6538-4880 fax. 06-6538-4889

併せて、
当館2階にレンタル着物店など連携可能な店舗・事務所
4階は広大なテラス付 屋根裏バー
2月から募集開始予定です。
3階は演劇関係者向けマンスリーマンションの予定です。
ご連絡は上記お問合せ先へ。


PR
山根エンタープライズ(株)は不動産仲介もしています。(大阪府(3)52362号)
・空堀で住みたい方。地元の親切な大家さんからお預かりしている本物の長屋があります。(2019/01/27現在募集中。トイレを洋式に改修済み)
・北浜界隈で事務所をお探しの方。地元の親切な大家さんからお預かりしている空き予定物件があります。(2019/01/27現在)




2019/1/25日経新聞(大阪版)夕刊1面で紹介されました。


2019/2/9毎日新聞(大阪版)夕刊1面で紹介されました。